ドライバを入れ直さなくてもグラボを交換できた。ようやく処理落ちとおさらば。

image

グラボを交換する前のお約束としてよく、古いグラボのドライバはあらかじめ削除しておくようにと言われていますが、はたして本当に必要か少々疑問です。面倒くさいのでそのままグラボを交換しましたが、事前にドライバを削除しなくても新しいグラボが正常に動作しました。

広告

グラボの入れ替え作業。

以前は「GTX750TI-PH-2GD5」というグラボを装着していましたが、今回は「STRIX-GTX950-DC2OC-2GD5-GAMING」というグラボに取り替えました。どちらもASUS製のグラボであり、Geforce GTX750Tiから950にパワーアップしました。ただし補助電源なしでも動作した750Tiとは違い、補助電源用のケーブルを新たに1本装着する必要があります。以下に付け替えの様子を。

image

こちらがグラボの交換前。GTX750Tiの方です。

image

そしてこちらがグラボの交換後。GTX950の方です。買う前は全く予測していなかったのですが、本体サイズが明らかに大きくなっていました。現在使用しているPCケースが大きさに余裕のあるものだったから難なく付け替えできたものの、隙間の少ないPCケースだったら取り換えできない恐れがあります。もし小さいPCケースを使っている場合は、買う前にグラボのサイズは充分に確認しておきましょう。

また、グラボ側面の右上を見てみると、6つの穴があるのが見えます。ここが補助電源ケーブルの差込口です。グラボには補助電源ケーブルなんて付属しておらず、電源ユニットに付属しているPCI-Eケーブルを差し込むことになります。

オウルテック製の電源ユニット「SS-650KM3」の場合は、片側にはPCI-Eと書かれた6+2ピン、もう片側にはPSUと書かれた8ピンのケーブルを使用することになります。PCI-Eと書かれた方をグラボに挿し、PSUと書かれた方を電源ユニットのPCI-Eと書かれた差込口に挿すことになります。PCI側は2又になっていますが、挿すのは1つだけです。もう1つは宙ぶらりんにしといてください。

ちなみに古いグラボは弟にあげることにします。これよりさらに古いグラボ使っててガタも来てるらしいので、さすがに交換させた方がいいだろう。

電源投入。

グラボの交換を終え、いつもどおりにPCの電源を入れ、Windows10を起動します。ところが起動直後デスクトップには移行せず、Windowsを構成中と書かれた青い画面で待たされることになってしまいました。Windows updateしたときによく見る画面です。パーツを交換したせいでしょうか。画面の解像度はいつもどおりだったので、グラボは問題なく動いているように思います。

しかし、この読み込み画面が始まってから、進行度が0%のまま、なかなか進んでくれません。もしかしてバグってしまったのでしょうか。かといって、電源を切らないでくださいとも書かれているので、不容易にリセットするわけにもいきません。心配になりつつも3分くらい経過したころでしょうか、0%だったのがいつの間にか100%に達したようで、自動的にOSが再起動されました。

再起動後は見慣れたデスクトップに帰ってきました。画面の表示には何の狂いもなく、グラボの交換は完全に成功です。事前にドライバの削除はしていなかったのですが、問題なく交換できました。といっても、GTX750TiもGTX950も同じドライバを使用しており、どちらも現時点でのバージョンは361.43であるため、ドライバの入れ直しは必要なかったのだと考えられます。もし同じGTXでも極端に型番が離れていたり、radeonのような別のメーカのグラボに変えた場合は、さすがに事前のドライバ削除はした方が良いでしょう。

新グラボの実力は?

グラボを変えたからには、もちろんゲームしてその実力を試さないわけにはいきません。現在所有しているゲームの中で最も高負荷なゲームはCoD:BO3なので、これでマルチプレイしたときの様子を確認してみます。

GTX750Tiだったときは、解像度以外を最低の設定まで落としてプレイしていました。問題なくフレームレートが60で動作してくれる場面はあるものの、密度の濃い爆発が発生したときや、Redwoodのようにオブジェクトの多い生い茂った森のマップだと、ただ歩くだけで処理落ちがたびたび発生していました。とても公平な対戦は期待できません。

そこで今回のGTX950です。設定はそのままに、また同じように対戦をしてみました。すると、先程書いたRedwoodを歩いていても、激しい撃ち合いが発生しても、見事に処理落ちをすることはなくなりました。ようやくまともに対戦できるということです。久々のプレイだったせいか、ボロボロにやられましたけどね。

これで、2月頃に配信されるであろう新マップにも備えられたということです。BO2の頃の人気マップだったHijackedがリメイクするらしいので、とても楽しみ。ぼくもあのマップのシッチャカメッチャカっぷり大好きだった。

ただし、処理落ちが無くなったといっても、グラフィック設定を最低にしていた場合に限られると思います。GTX950に変えたあとでも、GeForceに付属するツール、「GeForce Experience」でBO3の画質設定を最適設定に変えてもらっても、最低設定のまま変更してくれませんでした。どうしても画質を上げたい場合はGTX960以上が推奨されます。

…ぶっちゃけPS4買った方が安いし早いよね。人も多いし。PCゲームがいつまで経っても人気出ないわけだ。といってもぼくは、PS4とほぼ同様のゲームが遊べて(PCを所有済みならば)荷物を増やさなくていいから、PCゲームを選びます。