Ubuntu 16.04のBracketsインストールと起動の方法。

WindowsでHTMLを編集する際はよくAdobe Bracketsを使用していますが、他のAdobe製アプリと違ってUbuntuにも対応していました。しかし、いざインストールしようにもなぜかうまく行きません。

広告

公式サイトからダウンロードはできるが…。

Ubuntu Software内のストアからアプリをダウンロードすることはできますが、全部のアプリが対応しているわけではありません。Bracketsはストアに登録されていないため、公式サイトからインストーラをダウンロードしてくる必要があります。

Ubuntuの場合はインストーラの拡張子が.debになるので、それをダウンロードしてダブルクリックすると、Ubuntu Softwareが起動し、インストールが実行されます。

しかし、インストール作業がなぜか勝手に、途中で中断されてしまいます。何のエラーメッセージも出てきません。何度やっても結果は同じで、これは困りました。

端末からインストールする。

GUIからインストールできたらそちらの方が簡単なのでそちらが良かったのですが、それが出来ないので別の手段でインストールせざるを得ません。他の方法がないか探してみると、すぐに見つかりました。

ubuntu15.04 に brackets1.3 をインストールする | Billie’s Works

まずはタスクバーの左上にあるUbuntuロゴのボタンから、Dashを開きます。検索窓があるので「端末」もしくは「terminal」と入力して、端末アプリを起動します。Windowsでいうコマンドプロンプトみたいなものです。

端末が開かれたら、上記のサイトに書いているとおりですが、Bracketsをインストールするためのコマンドを端末に入力します。下記にもそのコマンドを記載しておきます。一行ずつ実行しましょう。

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/brackets
sudo apt-get update
sudo apt-get install brackets

Bracketsを起動する。

先ほどのコマンドをすべて実行できたらBracketsのインストールが完了するはずですが、いざDashに「Brackets」と入力しても、なぜかアプリが見つかりません。Ubuntu Softwareにも、アプリ一覧に登録されていません。

もしかしてインストール失敗か?それともディレクトリを奥深くまで探っていかないとアプリ本体が見つからないのか?と思ったのですが、端末に「Brackets」と入力して実行することで、Bracketsを起動できます。

ただ、いちいちBracketsを起動したいときに、端末から開くのは面倒です。よって、Bracketsが起動されている間に、タスクバーのBracketsのアイコンを右クリックして、「Launcherに登録」をしておきましょう。これで、終了してもタスクバーに常駐するようになり、そこからすぐに起動可能です。

余談。4K未対応?

Bracketsもインストールできたし、これでもうUbuntuからHTML編集できる、Windowsを起動しなくて良い、と思いました。しかし、画面解像度を4Kにしているのですが、そのままだと文字やアイコンなどが小さすぎて見えないため、スケーリング設定を2倍にしています。しかし、Windows版Bracketsと違って、スケーリング設定をしているにも関わらず、スケーリングが反映されていません。

Brackets内にフォントの設定はあり、フォントの大きさを変えることはできます。しかし、それが反映されるのは編集テキスト部分だけであり、周辺のメニュー部分の文字の大きさを変えることができません。

Windowsの代わりにUbuntuを実用化させるのは、まだ遠そうです。