WiiUパッドの専用充電器はもういらない。USBで充電しよう。

一度USB充電器を買ってからというもの、いろいろなものをUSBで充電器させられないか考えてしまいます。今回目をつけたのは、WiiUのゲームパッド。これも普通ならば専用の充電器を使うところですが、これですらUSBで充電器することが可能です。

広告

今回のお買い上げ。

通常の充電器だと、コンセントの差込口を一つ費やしてしまいます。最初の写真のようにすでにコンセントが埋まっていて、充電に困ることもあるでしょう。たった1つ充電するのにコンセントの穴1つを使うなんて、無駄にも程があります。そこで役立つのがUSB充電器。

ただUSBで充電するといっても、WiiUパッドの充電差込口は、独自の形状になっています。共通規格のUSBケーブルでは挿せません。よって、専用のUSBケーブルを手に入れましょう。

今回購入したのは、「[Simble] WiiU / Wii U ゲームパッド 用 USB 充電 ケーブル WI-125」です。色は白しかありませんでしたが、白いWiiUだったので問題なし。

なお、WiiUパッド用のUSBケーブルは多数の種類が存在するのですが、どれもこれも長さが3mとかだったりと、やたら長いものが多いのです。でも、このケーブルであれば長さはたった85cmなので、部屋中散らかしてしまうことも少ないでしょう。逆に弱点といえば充電器から離れられないことですが、WiiUだったらテレビの前に居なくてもパッドに画面が映るので、さほど問題でもないでしょう。

念のため、普段充電する場所との距離を測ってから買いましょう。

おすすめのUSB充電器。

今回購入したUSBケーブルの先に繋がっているのは、「Anker PowerPort 10」です。名前の通り差込口が10個という、普通なら余らせるくらいに余裕があり、さらに本体サイズも手のひらに乗るくらい小さいので、スペースを食い過ぎることもありません。変な音も鳴ったりしないので、これは超おすすめです。

最近の買い物の中でも、マジで買ってよかったと思える一品です。スマホはもちろん、3DSも充電できるし、マウスやキーボードも。充電器にしろUSBケーブルにしろ、これらのおかげで部屋の快適性がうなぎのぼりです。